―For our team! For our patients!−(患者様の為に一人ひとりがチームに貢献する)が私のモットーです。
現在の医療は、医師一人では成り立たず、
特に整形外科治療におきましては理学療法士や看護師など
医師以外の医療従事者との連携が非常に重要になっております。
そこで人工股関節治療チームとして医師だけでなく、理学療法士、
看護師を含めて相互にコミュニケーションを取り合い、
それぞれが向上していけるように同じ目標を持って
努力できる環境作りに取り組んでおります。
そこで治療チームとして相互にコミュニケーションを取り合い、
同じ目標を持って患者様ひとりひとりに向き合い、
手術治療によって喜んで頂けるよう努力することが
最重要であると考え日々の治療にあたっております。

私は14年間にわたって神戸大学附属病院にて関節外科、主に股関節外科を専門としてきました。
大学病院というある意味地域の“最後の砦”にて勤務してきた中で、さまざまな股関節関連疾患による機能障害に
幅広く対応していく必要があり、長年積み上げてきた経験と知識を駆使し、人工股関節全置換術はもちろん、骨切り術、
関節鏡視下手術、人工股関節再置換術など様々な難度の高い手術治療を安全、正確におこなえるように努力してまいりました。
その中で特に人工股関節手術に最も力を注いでまいりました。
股関節の痛みにて日常生活に支障のある患者様のために役立てるように、自分自身が常に向上するように努力し、
患者様に病気のことや治療方針を十分に説明することによって信頼関係を築き、
最善の治療を受けて頂けるように全力を尽くすように日々努力しております。

人工股関節全置換術は50年以上の歴史がある手術法であり、
現在は非常に安定した良好な成績が得られる確立された手術のひとつです。
手術をおこなうにあたっては、一人一人の患者様の疾患、年齢、
活動性、股関節の形、骨質などに応じて最適と考えられる機種、
材質(金属合金、ポリエチレン、セラミックなど)、
固定法(セメント非使用もしくは使用)を考慮して
人工関節をおこなっております。
またほとんどの患者様に対してMIS(最小侵襲手術)による
7〜10cm程度の小皮切での手術をおこなっており、
なにより股関節機能に重要な筋肉などの組織を温存でき、
患者様の動作制限を必要としない低侵襲で安定した手術を
心がけております。

また近年の医学の発展とともに人工関節の改良も進んでおり特に摺動面の飛躍的な進歩によって、
従来より大きな人工骨頭を用いることで、術後に動作制限をかけることなく、
人工股関節の重大な合併症のひとつである股関節脱臼をほとんど起こさない人工関節手術が可能となっております。
何よりこの手術は除痛効果にすぐれ、整形外科手術の中で最も患者満足度の高い手術であると自負しております。

人工股全置換術は年々増加してきており、股関節痛にてお困りの患者様に対しては
非常に切れ味の良い除痛効果の高い良い手術であると思います。
しかし人工関節は一度おこなうと後戻りができない手術であり、手術適応は十分に考慮しなければなりません。
したがって人工股関節以外の選択肢も考えることも大切ですし、再置換術や合併症などが発生したときに
対応できるかどうかも重要なポイントになると思います。
特に若い年令で人工股関節全置換術を考えておられる患者様は、将来再置換術のことも考慮した上で
手術を受けられる病院、医師を選ぶべきであると思います。
そこで私は20年から40年先の将来まで見据えた治療法を選択するように努力し、また手術をおこなうだけでなく、
術後の経過を注意深くまた長期にわたってフォローしていくことも重要であると考え、
患者様に十分に説明し信頼関係を築いた上で治療をおこなうように心がけています。

CONTENTS